太陽光発電ファンド基礎から応用!

安定収入で稼ぎやすいファンド

太陽光発電ファンドは数あるファンドの中でも安定した配当金を受け取りやすいファンドとして注目されています。太陽光発電による電力供給の需要は絶えることはないでしょう。国による定額での電力の買取も行われているため、ファンドを組んで発電を始めてしまえば安定して収入が得られます。ファンドとして破綻するリスクが少なく、着実に安定収入で稼げるのが太陽光発電ファンドの魅力です。
ローリスクでありながら高利回りなのも特徴であり、10%前後の利回りを実現しているファンドが多数あります。20年間の運用が基本になっているため、最終的にはもともとの投資額の分だけ資産を増やせる可能性があるファンドとして期待ができるでしょう。

節税対策にも応用可能

太陽光発電ファンドは応用すると収入を得るだけでなく出費を減らすことにも活用できます。節税対策としての利用の可能性を秘めているのが特徴です。生産性向上設備投資促進税制を利用することによって条件を満たせば節税が可能なのです。即時特別償却を適用したり、税額を直接的に控除したりすることができる特別措置となっています。
ただし、これが利用できるのは法人か個人事業主に限られる点に注意しましょう。給与所得を得ている勤め人の場合にはこの方法で節税を行うことはできません。しかし、節税に活用することが可能な税制は刻々と変化しているため、今後にまた改正が行われる可能性もあり、勤め人でも効率的な節税ができる可能性もあるでしょう。